健康ラボ

アイハーブ iHerb
ロイヤルティ・プログラムってどうなの?

注文の商品金額の10%が割引クレジットに

私の愛用する海外サプリメントショップ「iHerb アイハーブ」で、2016年2月頃から突然「ロイヤルティ・プログラム」という割引クレジット制度が始まりました。

驚いたのは、何の前触れもなく突然に始まったというだけではなく、「VIP割が何の説明もなく消滅してしまった」、「割引クレジットの有効期間が短い」、という二つの大きな変更点でした。

「iHerb アイハーブ」ロイヤルティ・プログラムは、注文するたびに、注文の商品金額の10%が割引クレジットとしてアカウントに付与されるシステム。

追記:2017年に5%へ改悪

割引クレジットの料率が、2017年1月頃に10%から5%へひっそりと改悪されていました。こういうケースでは、日本企業なら数ヶ月前にアナウンスがあることが多いですが、iHerbでは忍者のように音もなく密かに実行されることが多いです。

最後の注文の60日後に失効!

次回以降に使えるという点で、楽天やヤフーショッピングなどのポイント制度に近いものがありますが、注意が必要なのは、有効期間が「最後の注文の60日後」という期間限定の割引クレジットであるという点です。

毎月必ず「iHerb アイハーブ」で何かを注文している方にはあまり影響はありませんが、2か月で割引クレジットが消滅してしまうとなると、失効のタイミングをある程度意識しておく必要がありそうです。

対策としては、「一回の注文でまとめ買いはしない」ということでしょうか。送料無料になる最低金額ギリギリで注文を複数に分けて、サプリメント消費を割引クレジット消滅のタイミングとうまく合わせていけばいいでしょう。ああ面倒くさい。

VIP割はどこへ行った?

割引クレジット制度「ロイヤルティ・プログラム」が始まったことで、なんとヘビーユーザー優待割引の「VIP割」が何の前触れもなく終了してしまいました。

「VIP割」とは、過去に「iHerb アイハーブ」で注文した累計金額が一定基準を超えると自動的に付与されていたVIP会員向けの割引サービス。

一度VIP会員になってしまえば、半永久的に割引サービスが適用されるはずのステータスで、VIP会員になるために意識的にたくさん注文していた方も少なからずいらっしゃると思われます。

それが「ロイヤルティ・プログラム」スタートと入れ替わるように「VIP割」は消滅。割引率は同程度の10%ですが、今度の新プログラムは有効期間が短く非常に使い勝手の悪いサービスです。

もちろん「iHerb アイハーブ」は自社のサービスを自由に変更できる権利がありますが、もう少し事前説明や「申し訳ない」という雰囲気を利用者に伝えることはできなかったのでしょうか?あまりにドライです。さすがアメリカ企業。

日本企業であれば、利用者の不利益になるサービス変更がある場合は、数か月前に事前告知や補てん制度などがありそうなものですが、海外サプリメントを気軽に入手するのに「iHerb アイハーブ」はとても便利で安心感のある数少ないショップの一つですから、ここはある程度ドライな対応を承知の上で、絶妙な距離感で付き合っていく必要があるのかもしれませんね。

なお、私は今回の新システム開始を受けて、楽天の海外サプリメント系ショップを再評価し始めました。やはり一つのショップに集中して注文していくことは、色々メリットとデメリットの両方がありそうです。